リビエラグループでは持続可能な開発目標(SDGs)に沿って
豊かな未来創りへの取り組みに力を注いでいます。

◆サステナビリティ基本方針◆

人と自然が共存する豊かな未来を創出し『持続可能な社会の実現』および『企業の成長』を目指していくため、
私たちリビエラグループは3つのサステナビリティ基本方針を2006年より取り組みを本格化させました。
取り組みにあたり、2015年からは国連グローバル・コンパクトが掲げるSDGsの17の目標に沿い、
独自に「環境」「教育」「社会」「食生活」の4つの軸を立ち上げ、将来的な視点に基づいた活動を実践しています。

- 3つの基本方針 -

大自然と共に、心豊かに生きる

リビエラと関わるすべての人の未来のために

古きよきモノを磨き上げ次の世代へ

◆トップメッセージ ◆

私たちリビエラグループは
『自然と共に生きる豊かな未来の創出』と
『企業の成長』を目指します

トップメッセージを詳しく読む

◆PROJECT◆

活動内容のご紹介

◆SDGsとは◆

SDGsとは、「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称。国連加盟193ヵ国が2030年までに達成すべき世界的な優先課題のことであり、世界のあるべき姿を明らかにした目標を掲げています。2015年、国連の「持続可能な開発サミット」において全会一致で採択され、2016年5月には日本政府も「持続可能な開発目標(SDGs)推進本部」を設置、目標達成に向けての取り組みが行われています。

◆INFORMATIONS◆

お知らせ