現在日本では、犬や猫は3世帯に1頭の割合で飼育されており、ペットの家族化が進んでおります。
人間と同じく「少子高齢化」現象が起きており、新生児の数は減りつつも、
医療の発展や栄養を考えた食事の効果もあり、平均寿命が着実に伸びている傾向があります。
一方で、日本全体では毎年何万匹もの犬や猫が殺処分されている現状もあります。
そのような中、神奈川県ではここ数年、犬・猫ともに「殺処分ゼロ」を継続して達成しています。
リビエラはこの「殺処分ゼロ」の取り組みに賛同し、イベントを開催しております。

リビエラの取り組み

2017年に開催したペットフェスタは、ペット愛護の啓蒙活動とともに、
神奈川県動物保護センターの建設基金募集も目的のひとつとして開催いたしました。
そして2019年にはこの施設がオープンする予定です。
動物保護センターでは、県内で保護された犬や猫たちのケガや病気の治療、
人と暮らすためのしつけなどを行い譲渡を推進するための活動も継続して行っていきますが、その為には今後も運営資金が必要です。
そこで、神奈川県では「殺処分ゼロからその先へ」を目指し「かながわペットいのち基金」も創設されました。
リビエラではイベント開催を通し、未来に向けて「人とペットとの豊かな暮らし」を提案しながら、更なる動物愛護意識の普及を目指していきます。

\NEW!逗子マリーナペットフェスタ開催決定!/

ペットとの豊かな街づくりと、動物愛護意識向上を目指すイベントです。ペットとお過ごしされている方、これから「ペットを家族の一員に」とお考えの方、ぜひご参加ください。
日時:2019年10月12日(土) 10:00~17:00
チャリティ参加料:おひとり1,000円~
会場:リビエラ逗子マリーナ[ハーバー内特設会場]
雨天時:小雨決行、荒天中止

▼ 過去のイベントの様子