上質な大人のマリーナリゾートとして、メンバー・オーナー・ゲストや店舗ご利用の方々などリビエラ逗子マリーナご来場の皆様が、心地良く過ごしていただくため、下記のルールをお守りいただきますようお願いいたします。

■お断り・禁止行為

  • 関係者以外は私有地に無断で立ち入ることができません。
    立ち入り禁止対象エリア:レストラン等の営業店舗、道路以外全て
  • 路上駐車による交通妨害が問題になっており、パトカーが日に何度も巡回している状況です。所定の駐車場にお停めください。
  • 場内で、大音量でのカーステレオ・アイドリング・空ぶかし・ドアの開閉音・夜間の大きな話し声はおやめください。また車中泊はご遠慮ください。
  • 場内での運転は、安全のため徐行運転でお願いいたします。
  • ペット同伴のお客様は必ずリードを装着してください。また、長いリードは危険ですのでリードは必ず短くお持ちください。万が一、会場内でトラブルが起こった場合は当事者同士で対応していただきます。
  • ご滞在のお客様のプライベートを守るため、マリブホテルやリゾートマンションにはカメラを向けないようご注意ください。
  • 堤防に乗ることは禁止されています。道路の使用許可が出た場合でも、安全上の問題で、堤防にのっているシーンの撮影はできません。
  • 商業用の無断撮影はお断りしております。ドローン等、付近からのリビエラ逗子マリーナ敷地内の撮影を含め、撮影ご希望の方は、事前に下記まで申請をお願いいたします。
    ※建物内を含め、屋外エリア(レストラン等のテラススペースや芝生エリア、プールサイド、ヨットハーバー、マンション、テニスコート、駐車場等)全ての敷地が対象です。
リビエラ逗子マリーナの撮影要項はこちら

■リビエラ逗子マリーナでの撮影について

| ヤシ並木での撮影について

リビエラ逗子マリーナ内の道路での無断撮影は、道路交通法により禁じられています。
撮影に関しては、事前に下記までご連絡、申請をお願いいたします。
①リビエラへの許可申請
※撮影場所、撮影内容、当日の状況によりお断りする場合がございます。
②逗子警察署交通課へ道路使用許可申請
③逗子フィルムコミッション事務局への連絡
内容によっては撮影日の20日前までに、逗子市へ道路占用許可申請が必要な場合もございます。
※道路使用許可証は通常の場合、申請日から中2日程度で発行されます。

| ドローン(小型無人機等)での飛行及び撮影について

リビエラ逗子マリーナは人口集中地区の上空です。場内および付近からリビエラ逗子マリーナ敷地内の撮影に関しては、事前に下記までご連絡、申請をお願いいたします。
①リビエラへの許可申請
※撮影場所、撮影内容、当日の状況によりお断りする場合がございます。
②逗子警察署交通課へ道路使用許可申請
③逗子フィルムコミッション事務局への連絡

  • 撮影者が敷地外で操作していても、無断で撮影を行った場合、土地の所有権の侵害にあたります。
  • リビエラ逗子マリーナ上空は、国土交通省で定められた飛行許可が必要な区域となるため、航空法上、ドローン情報基盤システム(DIPS)からの事前オンライン申請が必要です。
  • ドローン撮影の際は公道の上空を飛行する可能性も充分に考えられます。その場合は通常の撮影同様に、逗子警察署交通課へ道路使用許可申請及び、逗子フィルムコミッション事務局への連絡が必要です。

| 撮影料金のご案内

  • ドローンがリビエラ逗子マリーナの敷地の上を飛行する際には同様の料金を頂戴いたします。
リビエラ逗子マリーナの撮影料金はこちら

■新型コロナウイルス感染予防に関するお願い

お客様の健康と安全のため、そして安心してご利用いただけるようご協力をお願いいたします。

総合お問い合わせ

リビエラ逗子マリーナ

〒249-0008 神奈川県逗子市小坪5-23-9


【メディアからのお問い合わせ】
リビエラグループ マーケティング部
メールアドレス:pr@riviera.co.jp