「いっしょに考えよう、海とサステナブル」

リビエラ逗子マリーナならではの海を目の前にした会場から、小中学生・ファッション・医師・教授・環境活動家・ピアニスト・知事らをお招きし、トークセッションやパネルディスカッションをオンラインで開催するSDGsイベントです。
*コロナ感染拡大および緊急事態宣言の発令を受け、オンライン開催日の延期を決定しました。

【オンライン開催延期のお知らせ】

新型コロナウイルスの感染拡大、および緊急事態宣言の発令を受け2021年1月31日に予定していた『第1回リビエラSDGsフェス in リビエラ逗子マリーナ』のオンライン開催日を延期します。延期後の開催日程につきましては情勢を鑑みて参加申込者にメールにてお知らせします。

【名称】

第1回リビエラSDGsフェス

【日時】

延期日未定
日程が確定次第当HPにてお知らせをし、参加申込者にはメールにてお知らせします。

【テーマ】

「大自然と共に心豊かに生きる」 環境・教育・医療
~海の豊かさを守ろう~

【キーワード】

海とサステナブル

【内容】

リビエラ逗子マリーナならではの海を目の前にした会場からオンラインで開催するSDGsイベントです。
「リビエラSDGs作品コンクール」受賞作品発表も同時開催。

主催:リビエラSDGsアクション実行委員会
共催:株式会社リビエラリゾート、株式会社リビエラ、株式会社東北新社、株式会社プラス・ワン
後援:神奈川県、ジャパンSDGsアクション推進協議会、逗子市、鎌倉市、葉山町、豊島区、神奈川県獣医師会、湘南獣医師会、神奈川新聞社、tvk(テレビ神奈川)、FMヨコハマ、湘南ビーチFM、株式会社ジェイコム湘南・神奈川
*一部準備中






第1回リビエラSDGsフェス 参加方法

【参加費用】

無料

【募集期間】

イベントの開催延期に伴い応募期間も延長します。
最新情報は当HPにてご確認ください。

【お問い合わせ】

リビエラSDGsアクション実行委員会
〔TEL〕03-5474-8008(受付時間/10:00~18:00)

  • 延期日が確定しましたら、開催日程のご連絡をお申込みいただいたメールアドレスにお送りします。また、開催日が近づいてきましたらイベントに参加するためのURLをメールアドレスに順次お送りいたします。必ずご確認の上、当日ご参加くださいますようお願いいたします。

お申し込みはこちら





第1回登壇者のご紹介

神奈川県知事
黒岩 祐治氏
「SDGs 残り10年のアクションについて(仮)」

東京都豊島区長
高野 之夫氏
「未来都市豊島区のこれから(仮)」

葉山ハートセンター 院長
田中 江里氏
「海辺医療の有効性について(仮)」

特定非営利活動法人FEE Japan 代表理事
伊藤 正侑子氏
「海の国際環境認証ブルーフラッグとは何か」

湘南学園小学校 3年生×あらし組担任 中許 竜宏 先生
SDGsへの取り組み発表
「小学3年生が挑む、未来への挑戦」

一般社団法人 動物予防医普及協会理事
葉山どうぶつ病院 所属 獣医師
安 亮磨氏
「ペットとの共生・災害時の対応について(仮)」

株式会社三陽商会 事業本部 コーポレート エコアルフビジネス部
エコアルフ企画課長 兼 Ecoalf Japan Ltd. Director
下川 雅敏氏
「海洋ごみを服の素材に。ヨーロッパ発のサステナブルファッション」

東京海洋大学 学術研究院 教授
清水 悦郎氏
「カーボンニュートラル水上MaaS実現に向けて」

東京大学 大学院理学系研究所・教授
理学系研究科附属臨海研究所・所長
岡 良隆氏
「三浦の海をSDGsに活かす東京大学の活動」

NPO法人湘南ビジョン研究所 理事長
片山 清宏氏
「日本初のブルーフラッグを取得して」

プロセーラー
セーラーズフォーザシー アンバサダー
日本ヨットマッチレース協会会長
伊藝 徳雄氏
「セーラーから見た海の環境と今後」

環境活動家・NPO法人気候危機対策ネットワーク 代表
武本 匡弘氏
「海から見た地球「気候危機・気候正義」」

ⓒKiyotaka Saito

ⓒKiyotaka Saito

ピアニスト
一般社団法人 音楽がヒラク未来 代表理事
仲道 郁代氏

海洋アカデミー Jr.Yacht Club

神奈川県顧問(SDGs推進担当)
川廷 昌弘 氏

日産自動車株式会社
日本マーケティング本部 
チーフマーケティングマネージャーオフィス 担当部長 (電気自動車)
小川 隼平氏






SDGs関連の絵画・研究レポート・調べ学習

「リビエラSDGs作品コンクール」のご案内

あなたが2019年~2021年に制作されたSDGs関連作品を募集いたします。

SDGsに関連した作品(絵画・研究レポート・調べ学習)を募集いたします。
イベント当日(延期後の開催日未定)、リビエラ逗子マリーナ施設内と公式ホームページ内で掲示すると共に、応募作品の中から「リビエラ賞」を発表します。「リビエラ賞」には記念品を贈呈しますので、ふるってご応募ください。イベントのオンライン開催延期に伴い応募期間も延長します。引き続きご応募ください。

作品種類: 絵画・研究レポート・調べ学習(2019年~2021年制作のもの)
応募資格: 全国の未就学~18歳までの学生
募集期間: 募集期間延長後の日程はこちらのHPにてご案内します。
募集方法:公式ホームページより申込

  • 下記フォームにお申込みいただいた方より順次、担当者から確認のご連絡をいたします。

  • 作品の送付方法は、担当者とご相談のうえご対応をお願いいたします。

「リビエラSDGs作品コンクール」応募フォームはこちら





リビエラSDGsフェスについて

■「リビエラSDGsフェス」開催背景
リビエラグループは、企業理念「大自然と共に心豊かに生きる」を掲げてマリーナ、ホテル、レストラン、イベントプロデュース、ブライダルなど各事業を展開しています。1980年から私たちができることに取り組んできたリビエラは、事業の先にある将来的な視点に基づいた「リビエラ未来創りプロジェクト」を2006年に立ち上げ「環境」「教育」「健康・食文化」の3つの軸で具体的かつ継続的な取り組みとしてSDGs推進をしています。2012年には、3大エネルギー(大気・大海・大地のエネルギー)に重きを置いた体験型イベント「湘南エコロジータウン リビエラ逗子マリーナ」を開催し、先駆的な取り組みに大変好評を頂きました。その後も様々な社会貢献事業を進め、SDGsに寄与しアクションを続けています。今回のイベントは2021年3月26日(金)・27日(土)開催予定の「ジャパンSDGsアクションフェスティバル(仮称)」を広く知っていただくためのサテライトイベントです。

■「リビエラSDGsフェス」開催への目的
国連が提唱するSDGsは、中堅中小企業、任意団体、地域住民の方にも賛同する方が多くいらっしゃるにも関わらず、行政・自治体や大企業が取り組むイメージがあります。今回、枠組みを問わず、SDGsに賛同する人々が一堂に会する機会を提供することで、人々が横に繋がりより良い活動への相乗効果を生むと考えております。新たな連携を生み出す〝ハブ〟となることは、〝集いの場〟を提供し続けてきた中小企業のリビエラでもできるアクションであると考え、「行動の10年」の幕開けとして当イベントの開催を決定しました。2030年に向けてのカウントダウンを迎えた今、湘南から神奈川、池袋から東京、そして地域から日本へと美しい海や都市を守り、大自然と共に心豊かな未来を創造していくための発信を行います。

■「リビエラSDGsフェス」今後の開催スケジュールについて
「第2回リビエラSDGsフェス in リビエラ東京」を2021年初夏に、東京都池袋にある「リビエラ東京」にて開催を予定しています。日程や詳細が決定いたしましたらHPに掲載いたします。






過去のサステナブルイベント

2012年9月17日開催

湘南エコロジータウン・リビエラ逗子マリーナ

3大エコロジー
メディア発表会

【協賛会社】
トヨタ自動車株式会社・本田技研工業株式会社・日産自動車株式会社・三菱自動車工業株式会社・ヤンマー株式会社 その他


2017年,2018年,2020年開催

逗子マリーナペットフェスタ

動物愛護チャリティイベント

過去のイベントの様子はこちら

2019年開催

女性主催チャリティイベント

女性が輝くチャリティを目的のイベント


ビーチクリーン活動

海ゴミ夏休み自由研究を小学生向けに開催

特にマイクロプラスチックに着目し、スタッフ有志と地域住民で開催。

ビーチクリーン活動や
「自然・環境」について詳しくはこちら

2016年より5,900名参加

日本海洋アカデミーの継続開催

日本海洋アカデミーや
「人材・教育」についての詳細はこちら





リビエラ未来創りプロジェクト

リビエラグループでは、2006年より
豊かな未来創りへの取り組みに力を注ぎ、SDGsを推進しています。

▼活動内容はこちらよりご覧ください。

リビエラ未来創りプロジェクト