ウェディングプランナーは、新規で式場見学に来たお客様のご案内からプランやフェアの企画など、様々なことに挑戦できます。一番の醍醐味は、お客様とリビエラとの最初の出会いに立ち会えることですね。結婚式は人生の一大イベント。その場所にリビエラを選んでいただけるよう、会場や料理の魅力はもちろん、スタッフの人柄やチームワークの良さなども伝えます。好みや予算に応じて、それぞれのお客様に合うプランをご案内するように心がけていますが、そのなかでサービスやレストランで働いた経験はとても役立っています。会場の雰囲気や料理のメニューを熟知しているから、より鮮明に説明できます。「星野さんの提案が素敵だったからリビエラに決めました」「ここなら理想の結婚式が挙げられそう」などと言って貰えると、非常にやりがいを感じるし心から良かったと思えます。

マネージャーに就任した後は何人もの新人教育に携わるようになりましたが、改めて感じるのは「この仕事に向いていない人はいない」ということ。消極的な人や、接客をしたことがない人でも「お客様のために何かしたい」という気持ちがあれば大丈夫。技術もマナーも、私たちがしっかりと教えます。お客様の喜ぶ姿や幸せそうな顔を間近で拝見できる喜びを、ぜひリビエラで体験してください。

学生時代は教員を目指していましたが、次第に人の人生に携わる仕事がしたいと思い、ブライダルの仕事を志すようになりました。入社後すぐに配属となったサービス部は自分に合っていたし、何より披露宴会場での仕事が華やかでとても大好きでした。でもお客様と実際にやりとりできるのは当日のみ。だからこそ、お客様のことをもっと知りたいと思い、上司に相談してプロデューサーの仕事を兼任することに。初回の打合せから結婚式当日まで担当し、最初からじっくりお話を聞くと、会場に飾る花を選んだいきさつや、スピーチを頼んだ方との関係性、席順まで、あらゆる事柄に新郎新婦様の想いが込められていることがわかります。親御様に育てられたエピソード、ご友人のこと、どんな人生を歩んできたのか…結婚式とは、おふたりの人生に触れられる大切な仕事なんだ、と改めて気付きました。それからは披露宴会場でのセッティングや式中の所作も、より一層丁寧に取り組むようになりましたね。

現在はプランナーの仕事を担当していますが、いずれはプランニングからプロデュース、当日のサービスまで全段階を担当できる人材になるのが目標です。リビエラは、社員が本当にやりたいことを応援してくれる風土があるので、近い将来、絶対に実現できるように日々努めていきたいと思います。

ご成約から結婚式当日を迎えるまで新郎新婦様をサポートしていくのがウェディングプロデューサーの仕事。スケジュールを組立てながら披露宴の内容、料理、ドリンク、お花といった細かいアイテムについて相談していきます。長い時間をかけてヒアリングし、他のスタッフにもおふたりの想いをしっかり伝えて形にします。以前担当したお客様で「結婚式定番のケーキ入刀ではなく、もっと自分達らしい演出がしたい」と希望があったので何度も話し合い、最終的にウェディングケーキに見立てた4段のちらし寿司を作ってもらうようにシェフに依頼しました。そして結婚式当日、おふたりの人柄がよく表れた演出はゲストからも大好評!準備したスタッフも楽しそうで、とても思い出深い一日となりました。

私は自分の結婚式もリビエラで挙げましたが、その時も色々な部署のメンバーが一生懸命頑張ってくれたおかげで、理想の結婚式を挙げることができました。お客様の想いを形にするために頑張るチームワークの強さと、リビエラの魅力は「人」だということを改めて実感した瞬間でした。自分も経験したからこそ言えますが、結婚式は人生で一番笑顔になれる時間。その素晴らしい時間を演出するお手伝いができるこの仕事は、私自身も楽しくてワクワクするし、本当にやりがいがあるので頑張れますね!

サービス部の仕事を何かに例えるとしたら「体育会系の部活」です。新郎新婦様との打ち合わせの後、当日に向けて配膳や音響・照明など、全スタッフと一緒に練習を繰り返し行います。皆、お客様のことが大好きだから、どの結婚式でも絶対に成功させるために一生懸命取り組みます。この時に感じる雰囲気が、学生時代に所属していた剣道部で、団体戦の優勝に向かって毎日練習し、全員で試合に臨む時の一体感と似ています。皆で結婚式をつくりあげていくからチームワークも自然と強まり、どんな状況でも前向きに取り組めるようになります。会場の設営作業は重労働もありますし、限られた時間で様々なプログラムをこなすため、慌ただしく動き回ることも珍しくありません。それでも結婚式当日にお客様が幸せそうに過ごしている姿を見れば、不思議なことに苦労は全部吹っ飛びます。

新郎新婦様と直接やりとりする立場になってからは、名前を呼んでいただける機会が多く「伊藤さんがいるから大丈夫」「伊藤さんのおかげで無事に式を終えられました」と言われることが本当に励みになります。また、リビエラのスタッフは常に「お客様のため」を意識して動いているので、他人を思いやれる・人として尊敬できる人が多く、お互いが自分自身を高め合える職場環境なので、とても良い刺激になりますね。

2010年夏、ギリシャに渡りました。リビエラの人材育成の一環として1年半ほど、在ギリシャ日本国大使館で公邸料理人を経験させていただくためでした。アテネを拠点に、ヨーロッパを20ヵ国ほどめぐり、各国の食文化を経験する貴重な体験でした。異国の地で一人。日本とは違い、買いつけ、仕込み、調理、洗い物まですべて自分でしなければならない環境。言葉も満足に通じない場所で、食材を探すのも大変。ときにはお客様への配膳まで、自ら行うこともありました。そのとき改めて「お客様に出す一皿は自分一人でつくるんじゃない」と、日本での環境のありがたさを実感した。調理する仲間はもちろん、素材を育てる人から食事を運ぶ人まで・・・全員のおかげで厨房に立てるんだ、と。あのときの気持ちがあるから、現在料理長として、仲間を想ったマネージメントにつながっているのではないかと思います。

ウェディングフェアにいらした、あるお客様。「料理がおいしい!」とリビエラでの挙式を決めてくださいました。なんでも、試食したお出汁を気に入ってくださったのだとか。帰国以来、日本食をもっと追求したいという想いを強くしていたので、基本であり、一番難しくもある出汁を褒めていただけたのは嬉しかったですね。おふたりはオリジナルの料理を希望されたので、ご提案と試食を繰り返すと、どれもとても喜んでくださって。最終的には「すべて伊藤さんにお任せします。わたしたちが望んでいるすべてをわかっていると思うから」と、なんと当日のお料理はお任せに!わたしは決して饒舌ではなかったと思います。でもおふたりを想う心を料理に込めたのが、通じたんですね。当日は旬の食材を使いながら、味の強弱でストーリーのあるコースに仕上げました。豪華さよりも本質的なおいしさを追求した、おふたりらしいおもてなしの料理になったと思います。

ウェディングドレスは女性の憧れ。だから新婦様が気に入ったデザインは、どんなサイズにでもお直しし着ていただきたいと思っています。授かり婚の方は、お腹の部分を大きく。気に入ったドレスがLサイズしかなかったら、Sサイズに。こんなに柔軟に対応できるのは、ドレスサロンがあるから。ヘアメイクやプロデューサーとすぐ話せるので、お客様のご要望を、よりしっかりとカタチにできるんです。

サロンで5年間、美容師をしていました。でも、カットがあんまり得意じゃなくて(笑)大好きなヘアセットの技術を磨きたくて、リビエラのメイクアップスタジオに転職しました。この仕事ではじめて気づいたのが、本音を引き出す大切さ。結婚式は、新婦様にとって一生に一度の晴れ舞台。「今までで一番キレイになれた!」と思ってほしいから、どんな小さな反応も見逃さないようにしています。少しでも迷いの表情が見られたら「違うものも試してみましょうか」とさりげなく聞いてみたり、「大丈夫」とおっしゃっていても「遠慮しないでくださいね」と一声かけてみたり。すると「本当はこっちも気になってて・・・」なんて、本音が出てきたりするんです!遠慮して、あまりご要望を言わない新婦様も多い。でも女性なら誰でも、憧れている花嫁姿があるはずですから。

そんなふうに接していると「普段もこのスタイリングをしてほしい!」なんて言ってくださる新婦様も。そんなときは、ご自身で簡単にできるアレンジをお教えしたり、着付けとヘアメイクだけでもご利用のご相談に乗ったりしています。美しい花嫁姿を見られるのは、もちろん嬉しい。でも、ウェディングをきっかけに普段もキレイになってくれたらもっと嬉しい!だから相談に乗れることはなんでも乗るし、ヘアメイクも、着付けも、新しいことを学び続けています。目標は生涯現役!技術も感覚も磨き続けて、一人でも多くの新婦様を美しくしたいです。

リビエラのフローリストは、恵まれているなぁと感じます。多くの結婚式のフラワーは、式場とは別会社のフローリストが担当すると聞きます。おふたりにも会わず、指示書通りにつくって届けるだけ。でも私たちは、会場装花でもブーケでも、おふたりの想いを直接聞いてご提案できる。花は式が終わると枯れてしまうけれど、おふたりのストーリーを一輪一輪に宿した喜びが、ずっと残り続ける仕事です。

結婚式は、人生の一大イベント。だから、一番幸せなおふたりの姿を一番いいかたちで残したい。そのために、1回の披露宴で1500回以上シャッターを切ることも。当日は、サービススタッフとあらかじめ進行を共有しながら、誓いのキスやケーキ入刀など、一つひとつの大事な瞬間を逃さないよう、集中して撮影にのぞみます。人の記憶は、どうしても時が経つにつれて薄れてしまうもの。長い人生を共にする中で、ケンカをしてしまうこともあるかもしれません。そんな時に、わたしが撮ったブライダル写真を見返して、おふたりが仲直りしてくれたらこんなに嬉しいことはない。写真は、記憶を呼び覚ますのに最も適したアイテム。そのためにも、プロならではの1枚を、しっかりかたちにするよう心がけています。

リビエラのカメラマンは皆、個性が豊かですが、「お客様が人に見せたいと思えるいい写真を撮ろう!」という気持ちは同じ。挙式されたご本人はもちろん、そのご家族、ご友人までが喜んでくださる写真を目指しています。効率ではなく、お客様の気持ちとクオリティを重視した仕事ができるのは、自社運営のフォトスタジオだからでしょうね。一生大事にされる写真を撮れるというのは、カメラマンにとって幸福なこと。これからも、若手を育成しつつ、自分自身も技術と感覚を磨いて、お客様のご期待に応えていきたいですね。

主にレストランの運営、スタッフの教育指導、新商品や新企画の立案の他、リピーターの顧客対応等の業務を担当しています。海外に行って一番苦労したのはマナーや文化の違いです。最初は日本流のやり方が上手くいかず、現地スタッフとの意思疎通で悩むこともありました。でも、お客様を喜ばせたいおもてなしの気持ちは日本も上海も変わらず同じ。固定概念に縛られず、お互い相談し合いながら少しずつ接客や、料理をアレンジし、皆でRIVIERA松鶴楼のスタイルを築きあげました。今ではスタッフとの関係も深まり、彼らの成長が一番の楽しみになっています。お客様からの評判も良く、多くの方に来ていただけるお店になったことは私の誇りです。ウェディングの枠を越えて、色々な挑戦ができるのがリビエラの魅力。私も海外事業の経験を通じ、キャリアや人生観がずいぶん深まりました。

自分にとって『Ron Herman cafe』立ち上げの話は、素晴らしいチャンスでした。アパレルブランドとのタイアップは会社で初の試みですが、ありがたいことに運営の殆どを任せていただいています。始めは地域での認知を広げる為、社内で話し合って企画を練り、テラスを利用したBBQ大会の開催や、チョコプレートのアレンジ等、失敗を恐れず様々なことに挑戦し続けました。するとお客様から「また来るね」「次のイベントも楽しみ」と言われる機会が徐々に増え、今では常連の方も沢山来られるようになりました。「同じコーヒーを飲むなら逗子マリーナのロンハーマン カフェで飲みたい!」と思われる店にしていくのが私の夢。これからもリビエラとロンハーマンの魅力をお互い引き立てて、お客様もスタッフもワクワクできるお店にしていきたいですね。

私はサービスとプランナー両方の仕事を経験していますが、現場について知っていることが今の部署でとても活かされていますね。ただ単に綺麗なデザインの広告を作るだけでなく、現場のスタッフが使い易いかどうかを重視する一方、少し離れた所から客観的に物事を見られるようになったからこそ、以前は思いつかなかったアイデアも生まれるようになりました。販促ツール1つ作るにしても、他部署とのコミュニケーションは特に重要です。直接現場のリアルな意見を聞きつつ、こちらの視点を伝えながら一方通行にならないように心がけています。「オペレーションが楽になった」「広告のデザインを変えてから予約が増えたよ」と、一緒に働く仲間たちから喜びの声を聞くと、とてもやりがいを感じるので、これからも広報として現場と一体になり、会社の魅力を発信していきたいですね。