《このイベントは終了しました》

【最新情報】

2022.06.24>>明日25日(土)の4海岸でのビーチクリーンの開催が決定いたしました。万が一予定が変更になった場合は、本ページとSNS(Instagram・Facebook)ですぐにお知らせいたしますので、随時ご確認をお願いいたします。

"海から考える未来"、神奈川県6海岸のビーチクリーンに参加しませんか?

逗子・三浦・鎌倉・葉山・藤沢・横須賀

\海開きを前に、みんなでビーチクリーンをしよう!/
(愛犬同伴OK)

昨年12月の3海岸からさらにバージョンアップする「第2回LOVE OCEAN」。
今回は『海から考える未来』をテーマに、神奈川県内6海岸の〈リビエラ湘南ビーチクリーン〉と〈シンポジウム〉を開催します。

参加者、大募集中!
お住まいの近くやお好きな海岸にご参加ください。
もちろん、私たちと一緒に6海岸ビーチクリーン全制覇していただける方、大歓迎です。

そして、6/26開催のシンポジウムでは、前回同様に内容盛りだくさんでエネルギッシュ!

どうぞお楽しみに♪

|リビエラ湘南ビーチクリーン

二日間で合わせて6海岸のビーチクリーンを実施します。 いずれも愛犬同伴可能!

※「Rマークの青色テント」に集合してください。テントは開始10分前に設置します。
下記地図を拡大表示し、各海岸の目印をご確認ください。

*6月25日(土)
09:00-10:00 和田長浜海水浴場(三浦市)
11:30-12:30 久留和海岸(横須賀市)
13:30-14:30 一色海岸(葉山町)
17:00-18:00 逗子海岸(逗子市)

*6月26日(日)
08:30-09:30 片瀬西浜海岸(藤沢市)
10:30-11:30 七里ヶ浜海岸(鎌倉市)

6月25日(土)

9:00 和田長浜海水浴場

11:30 久留和海岸

13:30 一色海岸

17:00 逗子海岸

6月26日(日)

8:30 片瀬西浜海岸

10:30 七里ヶ浜海岸

注意事項

■集合場所は「R マークの青色のテント」が目印です。
■駐車場利用ができない可能性がございますので、極力、公共交通機関をご利用のうえご来場ください。
■ビーチクリーン用の用具(トング・ゴミ袋・ビニール手袋)は実行委員会でご用意します。
※トングは数に限りがございますので予めご了承ください。ご自宅にある方はお持ちいただけますと幸いです。
■動きやすい服装や靴でお越しください。濡れている箇所もあるため撥水性の靴がおすすめです。
■マイボトルを持参し、こまめに水分補給を行ってください。
■リビエラ逗子マリーナへの専用送迎バスはございません。ビーチクリーン終了後は、各々でのご移動をお願いします。
■少雨決行。悪天が予想される場合は、前日の12時を目安に各海岸ごとの対応を本公式サイトでお知らせします。
■やむ終えない事情(台風などの自然災害や社会情勢などの)により中止する場合は、本公式サイトでお知らせします。

|シンポジウム

6/26(日)
13:30 第1部「海から考える未来」
16:00 第2部「Rネクスト・サミット2022」

【開催場所】
リビエラ逗子マリーナ内 シースケイプ

第1部「海から考える未来」
◆環境
・JAMSTEC(国立研究開発法人)研究員 長野由梨子氏
・ダイビングショップNANA代表 佐藤輝氏
◆水産
・藤沢漁業協同組合 代表理事 組合長 葉山一郎氏
・小坪漁業協同組合 代表理事 組合長 大竹清司氏
・神奈川県 水産技術センター 所長 滝口直之氏
◆観光
・SYLジャパン株式会社 代表取締役 稲葉健太氏
◆海の文化、スポーツ、レジャー
・公益財団法人日本セーリング連盟 副会長 富田三和子氏
・逗子マリーナヨットクラブ 会長 高橋敏男氏
・葉山マリーナヨットクラブ 会長 大野稔久氏
◆環境教育、環境認証
・特定非営利活動法人FEE Japan 理事長 伊藤正侑子氏
◆ブルーエコノミー
・公益財団法人 笹川平和財団 主任研究員 小林正典氏

第2部「Rネクスト・サミット2022」
コミュニティ名:Rネクスト
Z世代への支援としてコミュニティを発足。各企業や自治体と連携し年齢を超えたつながりの場を提供いたします。
今回は、サステナビリティに対する意識の高い『第2回リビエラSDGs作品・マンガ大賞』受賞者から、初回のコミュニティメンバーに迎えます。

『第2回リビエラSDGs作品・マンガ大賞』の詳細はこちら

|私も「リビエラ湘南ビーチクリーン」を応援しています

【スペシャルアンバサダー加山雄三さんコメント】

海を愛し、海の恩恵を享受した体験から、私は多くのご賛同を頂いて「海その愛基金」を立ち上げ、海の再生に関わる活動しています。
ヨットレース「リビエラ若大将カップ」から始まった「リビエラ若大将ビーチクリーン」(2019年台風19号により中止)が拡大し、「リビエラ湘南ビーチクリーン」として多くの方々の支援を受けて実施できる事を大変喜ばしく思います。
かつて綺麗であった海を再び取り戻すために、多くの方々に私の想いをお伝えし、ご理解とご支援をお願いする次第です。

|開催の背景

リビエラでは、2001年にマリーナを手掛け始めた当初から気候変動を肌で感じ、「自分たちができること」として環境保全活動をはじめました。
そして、2006年より「リビエラ未来づくりプロジェクト」を立ち上げ、数多くのサステナビリティ活動を継続しています。
2019年に予定していた歌手・加山雄三さんとの「リビエラ若大将ビーチクリーン」(台風19号の影響により中止)を進化させ、2021年12月に「第1回LOVE OCEAN」を開催。3市町3海岸にまたがる「リビエラ湘南ビーチクリーン」やシンポジウム、マルシェ等には、約1,200人が参加されました。
そして今回6/25・26の「第2回LOVE OCEAN」では"海から未来を考える"をテーマに、6市町6海岸にまたがる「リビエラ湘南ビーチクリーン」とシンポジウムを行います。

|前回「第1回LOVE OCEAN」について

2021年12月5日開催。3市町をまたぎ3海岸の「リビエラ湘南ビーチクリーン」とシンポジウム、マルシェ等を行いました。寒い冬にもかかわらず、各海岸のビーチクリーンには300人を超える方々が参加くださり、大きなゴミからマイクロプラスチックまで様々なゴミを回収することができました。シンポジウムでは、環境問題に限らず様々な角度からの海に想いを馳せたトークセッションが大変好評をいただきました。リビエラ逗子マリーナ内の3面ガラス窓から海が見える会場「シースケイプ」で行い、登壇者も参加者も一体となりエネルギッシュな時間を共有しました。

第1回LOVE OCEANの様子はこちら
(リビエラ湘南ビーチクリーン&シンポジウム(第4回リビエラSDGsフェス)

【参加時のお願い】

当イベントは、新型コロナ感染防止のため自治体のガイドラインを遵守し開催いたします。
下記事項にご協力のうえ、ご参加をお願いいたします。

《必ずお読みください》

①マスク着用の上、検温、手指の消毒を行い、参加及び入場

②参加後、アンケートへご協力をお願いいたします。
※アンケート結果から統計資料を作成やイベント企画運営の参考とさせていただきます。
ご記入いただいた個人情報は、上記の利用目的のみに使用し、第三者に提供することはございません。

アンケートフォームはこちら

■会場内では、弊社スタッフによる写真や動画撮影が行われお客様が映り込む可能性があります。
SNS配信、広告物、WEB、などに掲載される場合がありますので、ご理解のほどお願いいたします。
■会場、内容などは一部変更になる場合がございますので、ご了承ください。
■少雨決行。やむ終えない事情(台風などの自然災害や社会情勢などの)により中止する場合は、当サイトでお知らせします。

リビエラ逗子マリーナがマリーナとしてアジア初の『ブルーフラッグ』認証を取得

ビーチフラッグマリーナは、「管理がしっかり行われていて安全で快適、環境教育も行われ、ハンディキャップのあるなしにかかわらず誰もが楽しめる、環境的にも美しいマリーナ」と認められたということであり、ブルーフラッグ(青い旗)は、世界共通の「安心のしるし」です。

詳細はこちら

|サステナブルフード

サステナブルな食材「リビエラ循環野菜」と「ブルーシーフード」を、リビエラ逗子マリーナ内のレストラン「リストランテAO」「マリブファーム」でお愉しみいただけます。

※季節によってご提供のできない場合がございますので、予めご了承ください。

【リビエラ循環野菜】
リビエラでは、レストランから出る野菜くずなどをリビエラ逗子マリーナ内のコンポストステーションで一時処理し、それを自社菜園の土に混ぜて良質な堆肥として蘇らせ、収穫した野菜を再びレストランで使用する「循環型農法」を2006年より行っています。それにより、リビエラ逗子マリーナ内で「食の完全リサイクル」を達成し、燃やさないこと、車で運ばないことでCO₂削減に貢献しています。自社菜園で収穫された野菜たちはシェフの手によって美味しい料理に生まれ変わります。

【ブルーシーフード】
乱獲や違法・無報告・無規制漁業、そして地球温暖化が原因で枯渇する魚介類が増えています。そこでサステナブルな水産物を優先的に選択し、枯渇した魚種の回復を待つ。未来に健康な海を残すための、地球にやさしい考え方です。

リストランテAO 逗子マリーナ

ランチ/11:30~15:30(14:00L.O.)
ディナー/17:00~21:00(19:30L.O.)

ご予約はこちら

マリブファーム 逗子マリーナ

ランチ/11:00~15:00(14:30L.O.)
ディナー/17:00~20:30(19:30L.O.)

ご予約はこちら

運営

<主 催>リビエラSDGsアクション実行委員会
<共 催>NPO法人リビエラ未来創りプロジェクト、株式会社リビエラリゾート、株式会社リビエラ東京、一般社団法人日本海洋アカデミー
<後 援>神奈川県、逗子市、三浦市、鎌倉市、葉山町、藤沢市、横須賀市、公益財団法人かながわ海岸美化財団、公益財団法人日本セーリング連盟
<協 力>由比ガ浜海水浴場(滑川海浜組合・由比ヶ浜ボート組合・由比ガ浜茶亭組合)、特定非営利活動法人NPO海岸クラブ、逗子マリン連盟、NPO法人葉山ライフセービングクラブ、江の島海水浴場協同組合

アクセス・お問合せ

リビエラ逗子マリーナ

〒249-0008 神奈川県逗子市小坪5-23-9

アクセス





リビエラSDGsフェスについて

■「リビエラSDGsフェス」開催への目的
国連が提唱するSDGsは、中堅中小企業、任意団体、地域住民の方にも賛同する方が多くいらっしゃるにも関わらず、行政・自治体や大企業が取り組むイメージがあります。リビエラグループでは、枠組みを問わずSDGsに賛同する人々が一堂に会する機会を提供することで、人々が横に繋がりより良い活動への相乗効果を生むと考えています。
2030年までのカウントダウンを迎えた今、継続的な「リビエラSDGsフェス」の開催により、リビエラが”ハブ”となりSDGsアクションの連鎖が起きる「行動の10年」として、新たに歩み始めました。心豊かに生きる未来を次の世代につなげるために、SDGsをツールに語り・考え、アクションし、発信します。

パートナー募集

NPO法人リビエラ未来創りプロジェクト
パートナー募集

NPO法人リビエラ未来創りプロジェクトでは、環境保護や未来を担う子どもたちへの教育、また地域のSDGSアクションを応援する企業・団体等を募集しています。

詳細はこちら

過去のリビエラ・サステナブル イベント

人と人が集う場を提供するリビエラでは、
『自然と共に生きる豊かな未来の創出』
を目指し、2012年から様々な
サステナブルイベントを開催してきました。
業種や規模の大小、官民など、
あらゆる枠組みを超えて今後も発信します。

「過去のリビエラ・サステナブルイベント」
「過去のビーチクリーンイベント」

リビエラ未来づくりプロジェクト

リビエラグループでは、2006年より
豊かな未来づくりへの取り組みに力を注ぎ、SDGsを推進しています。

▼活動内容はこちらよりご覧ください。

リビエラ未来づくりプロジェクト